大浦家の特徴

高齢者が入れる新しい形の『家』

大浦家は、温もりを感じる床の間のある和室や趣ある箱庭など、

どこか懐かしさを感じる落ち着いた環境で生活できるシェアハウスです。

ひとりで生活する事の難しい高齢者の方が、

出来る限り普通の生活を送ることを目的とし、

管理人兼同居人のあきひこやスタッフ、

他の入居者の方々と支え合いながら生活を楽しみ、

最後までいきいきと過ごして頂くために出来た『家』です。

普通に生活できる

介護施設では、通常の生活の中で行う掃除や洗濯、買い物、調理など、

出来る力があっても、業者に委託していたり、効率の問題から職員が行うなど

本人の能力を活用出来ていない事が多いです。

一見、その方が便利に思いますが、これは本人の能力を奪う行為であり、

身体能力の低下を早める原因のひとつでもあります。

大浦家では、本人の能力を最大限活用します!

出来ない部分は周りに手伝ってもらい、出来る部分をしっかり行う事で、

充分なリハビリになり、残存能力を出来るだけ維持する事が出来ます。

また、しっかりと自分の力を使って生活する事で、

役割意識を自覚出来たり、生活意欲の向上にもつながります。

好きな事業所の介護サービスを利用できる

 介護施設に入居した場合、その会社の介護サービスを利用しなければ

ならないなどの制約によって、利用し慣れたサービス事業所を

利用出来なくなる事が多いのが現状です。

大浦家では、好きな事業所を選択し、利用して頂く事ができます。

介護サービスを利用しなくても大浦家内では様々な催しを実施しますので、

楽しく過ごして頂く事ができます。

他にはない低料金システム

古き良き時代の近所付き合いに見られた、思いやりや支え合いを、

『家』という最小単位で再構築する事を目的とした大浦家では、

相互扶助を基本としており、不自由な部分を手伝ってもらったからといって、

料金を頂くという事はありません。

また、管理人兼同居人が介護経験者の為、ある程度の事は相互扶助の中で

完結しますので、基本的には料金表の料金のみで安心して

ご利用いただけます。

認知症の方も入居可能

管理人は認知症専門の介護施設での経験が長く、

独自のケア手法をもっており、

認知症の方と一緒に生活した経験もありますので、

是非、一度ご相談下さい。