大浦家日記~12月号~

「次女」

 十一月十八日

長女のトミさんに引き続き、次女が誕生しました。

サエさん(仮名)は八十四歳。

姉御肌で面倒見がよく、冗談話好き。自立心が強くちょっぴり寂しがり屋な女性です。

不思議な巡り合わせですが、トミさんとの共通点がとても多く、

大分県出身。

息子さん家族と同居。

自分のお金を子供が管理することに不満を持っている。などなど。

そのおかげで、初日からトミさんとの会話で大盛り上がり♪

大浦家に入居しなければならなくなったことを思い出すと、

『あ~、はがいいねっ!』と、

悲しいような怒ったような表情で言うことはあるものの、

比較的穏やかに過ごし始めることが出来ました。

彼女は足が悪く、補助器具を使うことで、何とかゆっくりと歩くことが出来ます。痛みもあります。

それでも初日から姉御気質を発揮。

『兄ちゃん!私が茶碗洗うけ置いとっていいばい!』と、

夕食後の後片付けを一手に引き受けてくれました。

家ではデイサービスに行く時以外は、

ベットでずっと横になりあまり動くことがなかった彼女が、

今では毎回洗い物をしてくれます。洗濯物も畳んでくれます。

今度は、ご飯を作ってくれるそうです。

まだ夜になると、寂しくなって、

『私は捨てられた。』

『どうやったら早よ死ねるかね?』

『まだ横に居って。』と、

口にしますが、その度に、捨てられたわけじゃないこと。

ここに来たからこそ楽しく過ごせることを話し、気持ちを落ち着けます。

近々、もう行けないと思っていた、

大好きなパチンコに行く予定です。

みんな自分の家で暮らし続けたい。

でも現在の家庭環境の中で暮らし続けるには、

色々なことを犠牲にしなければいけません。

行きたくないデイサービスに行ったり、大好きな趣味を諦めたり、

食べたい物を食べられなかったり、行きたい所に行けなかったり。

そして気付いたら、一日の多くをベッドの上で過ごしている。

生きる気力が無くなっていく。

一緒に暮らしている家族も辛い。

本当はやってあげたいけどできないから。

そこまで犠牲を払って守り続けた自分の住処を変える。

ひとつでも多く、払った犠牲を取り返さなきゃ意味が無い。

これから大浦家のみんなでひとつづつ実現して、『早よ死にたい』から、

『次、これやりたい』という、

生活に変えて行こうね。

サエさん♪

最強の来訪者♪

皆さんこんばんは(●´∀`)ノ

あきひこです。

最近、大浦家の認知度が高まってきたようで、

見学や問合せが増えてきました♪

ただ、とても嬉しいのと同時に現在入居している2人のおばあちゃんと

ゆっくりお出かけができないのが残念。

(※先日1人入居者が増えました♪その方の紹介はまた後日。)

今日も午後から2件の見学希望がありバタバタ。三(;; ̄□ ̄)ノ

午前中にみんなで食材の買い出し。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-10-30-45

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食中に1件、昼食後にもう1件対応。

見学対応をやっと終えたら、午前中に買えなかったものの買い出し。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-14-21-53

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってきてやっとみんなでTVで相撲を見ながらくつろぐ。

みんなで夕食を食べた後は、懐かしのドリフのDVDで大爆笑!ゞ(≧ε≦o)ぶ!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-16-43-48

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしていると突然の来訪者が。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-20-03-08

 

 

 

 

 

 

 

 

兄家族が近くに来たついでに遊びに来てくれました♪

昨年生まれた長男もしばらく見ない間にすっかり大きくなってました。

それにしてもやっぱり子供は最強ですね♪

あまりの可愛さにトミさんも笑顔爆発でした!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-20-04-40

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-20-20-47

孫(いや、ひ孫?)を可愛がるばあちゃんの様で、

ほんとに家族みたいで、

その様子を見て思わずニヤケてしまいました。

あわただしい中の束の間の嬉しいひと時でした。(´∀`*)゚

スーパー十六夜!

皆さんこんばんは(●´∀`)ノ

あきひこです。

昨夜は68年ぶりのスーパームーンでしたが、

あいにくの曇り空で、わが家からは月は見えませんでした(;´д`)トホホ

しかし今夜はお天気に恵まれ、スーパー十六夜を見る事ができましたよ!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-15-19-05-02

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな月を見つけて思わず笑顔♪

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-15-19-05-13-1

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何故か祈るトミさん( ̄▽ ̄;)

 

こんな何気ない日常の中の思い出を、

どんどん増やして行こう♪

大浦家での生活~ある日の大浦家~

皆さんこんにちは(●´∀`)ノ

あきひこです。

今日は、大浦家での生活がどのような感じなのかを知って頂くため、

大浦家の1日の様子を紹介したいと思います。

 

『ある日の大浦家~トミさんの1日~』

朝7時ごろ起床。

洗面所にて身支度。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-29-7-34-29

 

 

 

 

 

 

 

 

大好きな韓流ドラマを見ながら朝食。

朝食後はくつろぎながら、今日の昼食と夕食を何にするかあきひこと相談。

昼食はやきそば。夕食はトミさんお得意の団子汁に決定!

外出の準備をして、いざ買い出しへ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-30-14-35-57

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーの惣菜コーナーでから揚げを発見。

食べたいとの事なので昼食にから揚げを追加。

家に帰り昼食準備。

夕食はトミさんが担当してくれるので、

昼食はあきひこが担当。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-01-13-20-34

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食後は、午後からの韓流ドラマを見ながらしばしのんびり。

ドラマを見終わった後、洗濯物を干す。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-01-9-02-29

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、少し早めに夕食準備開始。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-30-17-25-48

 

 

 

 

 

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-30-17-50-56

 

 

 

 

 

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-30-18-00-19

 

 

 

 

 

 

 

 

慣れた手際で、美味しそうな団子汁完成。

少し休んだ後、今では日課となりつつある散歩へ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-02-17-15-57

 

 

 

 

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-02-17-25-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅後少し休み、いよいよ晩御飯♪

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-30-18-22-22

 

 

 

 

 

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-30-18-23-57

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃめちゃ旨くて大満足♪

夕食後は、ビデオ屋で借りた韓流ドラマのDVDを見ながらのんびり。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-16-08

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマを見終わった後は、お風呂。

トミさんは、入浴後のスキンケアもかかしません。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-13-1-16-06

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアが終わったら、今日はもう就寝。

大浦家での1日は、こんなどこにでもある普通の生活なのでした。

大浦家は、私あきひこの家でもあります。

したがって、私の友人や家族も遊びに来ます。

最近は、私の母や弟が大浦家で一緒に夕食を食べる事があります。

その様子を見ていると、本当に家族みたいでほっこり(*´ー`*)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-33-19

 

 

 

 

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-42-55

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんいかがでしたか?

施設感ゼロの普通の生活でしょv( ̄∇ ̄)

こんなありふれた普通の生活こそ、大浦家の求める理想像なのです!

大浦家日記~11月号~

「長女」

 十月二十八日。

大浦家に待望の長女が誕生しました。

トミさん(仮名)は九十歳とは思えないほど元気で、

負けん気の強いパワフルな女性。

大分でひとり暮らしをしていた彼女は、

彼女の身を案じる息子さんの再三の想いを受け入れ、

去年北九州へやってきました。

これで家族みんなが安心して穏やかな暮らしをおくれる。はずでした。

しかし急激な環境の変化は、

家族の関係を良いものにはしませんでした。

慣れない環境、生活スタイルの違い、

老いに伴うものわすれ。

様々な要因によってお互いの心をすり減らすようになりました。

息子さん夫婦がトミさんの事を思ってやったことが、

トミさんにとっては猜疑心を抱く行為と映り、

喧嘩をする事が増えていきました。

一度芽生えた猜疑心は、冷静に見れば善意と受け取る行動も

形を変えてその目に映し、栄養にしてしまいます。

払拭しようと頑張れば頑張るほど

意に反して成長してしまう悪循環に陥り、息子さん夫婦、トミさん、

共に精神的にも肉体的にも疲れ果てていました。

このままでは共倒れになってしまう。

息子さん夫婦は悩みぬいて、トミさんと別々に暮らす決断をします。

せめてトミさんが楽しく生活できる場所をと忙しい時間を縫って様々な施設を見学し探しました。

そんな時に出会ったのが大浦家。

見学に来られたお二人の話しの端々に、トミさんの事を想う愛情、

うまくいかないもどかしさ、嫌がるであろうトミさんを、

本当に施設に入れていいのかという不安、どうしていいかわからないという困惑があふれていました。

そんな中で、施設のような雰囲気のない普通の家の大浦家を見て頂き、

そしてコンセプトである、出来ない事は手助けがある環境の上で、

調理をしたり、買い物に行ったり、掃除をする事が出来ると云う、

普通の生活の素晴らしさを説明させて頂きました。そして、

大浦家への入居を決心頂きました。

後は私が、大浦家に託された

ご家族の想いを実現する為、精一杯関わるのみ。

ご家族には、大浦家での生活が落ち着くまでは、トミさんに怒られ、

罵倒され、敵視されるので、精神的に辛い時期になりますが、

一緒にがんばりましょうと話し、入居の日を迎えました。

見学するだけのつもりで来たトミさん。気付いたらご家族がいない。

当然の如く激高。

親になんて仕打ちをするんだ!

明日迎えにくるから、今日は泊まっていくように言っても、元々負けん気の強い彼女は聞きません。

それじゃあ向こうの思う壺になる!

今日中に家に戻らな意味が無い!

あんたが送ってくれんなら近所に

駆け込んで、警察を呼んで家まで送ってもらう!

と、一歩も引きません。

長くなるので割愛させて頂きますが、

結果、トミさんは入居する事を受け入れてくれました。

(※詳細が知りたい方はあきひこまで。)

次の日には、必要な物を取りに戻りたいと、一緒に自宅に戻り、

自分で荷造り。

そのまた次の日には、得意料理の団子汁を作ってくれました。

そのまた次の日には、離れているのでもう行けないからと、

今まで通っていたデイサービスに菓子折りを持って挨拶に行きました。

ところが、デイサービスの方が、

「トミさんが来んくなったら寂しいから、これからもおいで♪」と、

優しく温かい言葉。

回数は減りますが、引き続きデイサービスに通える事に。

当然、ご家族への怒りの言葉は事あるごとに聞かれますが、

まだ始まったばかり。

ご家族には、怒られ、喧嘩になるかもしれないけど、会いに来てもらうようにお願いしています。

疎遠になっては意味が無い。

ただ楽しいだけの生活を送る住処なんておかしい。

きっと、人間らしい生活とは、

喜怒哀楽様々な感情が生まれる中、人と関わっていく事で、

人と人、そして家族の絆を強くしていく。

そんな生活なのではないでしょうか。

みんなに知ってほしい!介護職という仕事!~その参~

みなさんこんにちは(*^▽^*)ノ

あきひこです。

「介護職という仕事について」第参弾!

ここまでさんざん語ってきましたが、

まだまだみなさんに伝えたいことの2・3割くらいしか語れてません!

さて、今回は私が介護職にとって大事だと思うことについて語ります。

では、はじまりはじまり。

 

『介護士にとって必要な力』

 

私が介護士にとって必要だと思う力は、

(※特に認知症の方と接する上で)

①観察力-物事の状態や変化を幅広く見ることができる力

②推察力-他人の事情や心中をおもいやる力。

③行動力-思い立った際に、実際に行動を起こし実現する力。

④演技力-演技する力

⑤笑力-笑わせる力・ユーモア

この、5つの力。

まず観察力。

これは、相手のことを知る上でなくてはならない力。

性格、好きなこと、嫌いなこと、それぞれの心理状態の時にとる行動など。

特に認知症の方は思ったことを言葉で表現できないことがあるので、

しっかり観察していないといい関係作りは難しいと思います。

次に推察力。

ある行動を観察し、そこからその方の心の動きを想像する。

〇〇だと思っているから、〇〇したいから、

このような行動をしているのではないか?

もしそうだとしたら、こちらが〇〇な対応をしたらいいのではないか。

そして行動力。

推察し導き出した対応策をすぐに行動に移し確かめる。

対応策が間違っていたら、再度観察・推察・行動を繰り返し、

その方の本心を理解できるまでやり続ける。

またそれ以外でも、これをすれば喜んでもらえる・笑ってもらえると思ったことは、

すぐに実行する。

なぜなら、高齢者は今日出来ることが、明日出来るとは限らないから。

そのうち、もう少し元気になったら、なんてモタモタしてたら、

結局できないまま亡くなられ、後悔することになる。

これは私の経験。今でも後悔している。

だから、思い立ったらとにかく最短で実行に移す!

次に演技力。

ひとりの人間の言葉や表情、行動が周囲の人に与える影響は、とても大きい。

特に認知症の方の場合、周囲の雰囲気や周囲の人の表情に心理状態を左右されやすいので、

バタバタしていてもそんな雰囲気を出さない様に。

焦っていても、イライラしていても穏やかな笑顔で。

楽しんでもらいたい事は誰よりも楽しそうに。

利用者の人の好む相手を演じる事で、

不安感を抑え、問題行動と言われる行動を抑制する事ができます。

最後に笑力。

そのまんま笑わせる(又は、喜ばせる)力です。

5つの力の中でも最も重要な力だと私は思っています。

認知症の方は、記憶を保つ事が難しいというのが共通の症状ですが、

個人的な実体験としては、覚えられないわけではないと感じています。

簡単に説明すると、

『脳の記憶としては残らないが、感情の記憶は残る。』

です。

たとえば、

好きな人の顔を見るとドキドキする。とか、

大切な人の顔をみるとほっとする。

このように、この人はこういう人だという記憶が感情と結びついている場合の記憶は、

しっかりと残っている様に思います。

人は、自分を笑わせてくれる、喜ばせてくれる相手を好きになります。

好きな人の頼みは受け入れたいと思いますし、

何よりその相手と過ごす時間を楽しいと思います。

楽しい時、嬉しい時に怒る事はできないし、

不安に襲われる事もありません。

実際、私が笑顔を重視して利用者の方に関わる様になったら、

利用者の方は、私の顔を見るだけで笑顔を見せてくれるようになりました。

以上が、私の思う介護士にとって必要な力です。

今回は認知症の方を例にあげて説明しましたが、

これは認知症の方以外の高齢者介護においても必要な力だと思います。

みなさん、いかがでしたでしょうか?

介護の仕事について少しでもイメージが変わっていたら嬉しいです。

介護は、ただ不自由な部分をお手伝いするだけの仕事ではありません。

介護の仕事をしている人は、

自分の関わり方次第で、その方のこれからの生活を充実したものになる。

そんな今後の人生を左右する重要な仕事だという、

自負を持って働いています。

以上。

かなり長くなってしまい、すみません。<( ̄∇ ̄;)