大浦家日記~12月号~

「次女」

 十一月十八日

長女のトミさんに引き続き、次女が誕生しました。

サエさん(仮名)は八十四歳。

姉御肌で面倒見がよく、冗談話好き。自立心が強くちょっぴり寂しがり屋な女性です。

不思議な巡り合わせですが、トミさんとの共通点がとても多く、

大分県出身。

息子さん家族と同居。

自分のお金を子供が管理することに不満を持っている。などなど。

そのおかげで、初日からトミさんとの会話で大盛り上がり♪

大浦家に入居しなければならなくなったことを思い出すと、

『あ~、はがいいねっ!』と、

悲しいような怒ったような表情で言うことはあるものの、

比較的穏やかに過ごし始めることが出来ました。

彼女は足が悪く、補助器具を使うことで、何とかゆっくりと歩くことが出来ます。痛みもあります。

それでも初日から姉御気質を発揮。

『兄ちゃん!私が茶碗洗うけ置いとっていいばい!』と、

夕食後の後片付けを一手に引き受けてくれました。

家ではデイサービスに行く時以外は、

ベットでずっと横になりあまり動くことがなかった彼女が、

今では毎回洗い物をしてくれます。洗濯物も畳んでくれます。

今度は、ご飯を作ってくれるそうです。

まだ夜になると、寂しくなって、

『私は捨てられた。』

『どうやったら早よ死ねるかね?』

『まだ横に居って。』と、

口にしますが、その度に、捨てられたわけじゃないこと。

ここに来たからこそ楽しく過ごせることを話し、気持ちを落ち着けます。

近々、もう行けないと思っていた、

大好きなパチンコに行く予定です。

みんな自分の家で暮らし続けたい。

でも現在の家庭環境の中で暮らし続けるには、

色々なことを犠牲にしなければいけません。

行きたくないデイサービスに行ったり、大好きな趣味を諦めたり、

食べたい物を食べられなかったり、行きたい所に行けなかったり。

そして気付いたら、一日の多くをベッドの上で過ごしている。

生きる気力が無くなっていく。

一緒に暮らしている家族も辛い。

本当はやってあげたいけどできないから。

そこまで犠牲を払って守り続けた自分の住処を変える。

ひとつでも多く、払った犠牲を取り返さなきゃ意味が無い。

これから大浦家のみんなでひとつづつ実現して、『早よ死にたい』から、

『次、これやりたい』という、

生活に変えて行こうね。

サエさん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です