大浦家日記~5月号~

皆さんこんばんは(●´∀`)ノ

あきひこです。

今月も出来ました大浦家日記!

今回は真面目なものからのほほんものまで揃った3本仕立て♪

楽しんで頂ければ嬉しいです!

では、どうぞ~♪

 

「今を生きる」

人間は慣れる生き物だ。

朝、目を開けるといつもの部屋の風景が見える事。

自分の身体を自在に動かし、ベッドから起き上り動ける事。

家族と顔を合わせ、「おはよう」と声を発する事が出来る事。

家族からの「おはよう」が自分の耳に届く事。

朝ごはんを口から食べられる事、

そしてその味を感じる事。

そんな当たり前に出来る事を幸せだと思ったり、

感謝した事は、私には、

ない。

昨年、亡くなられた小林麻央さんのブログ『KOKORO.』。

世界からも注目を集めたこのブログを目にした方も多いと思う。

それ以外にも、TVや本などで難病や障害と闘って

懸命に生き抜いた方々の話や映像を見聞きする度、

私達は、必ずこう思う。

「今、この瞬間を大切に生きよう」

でも、

1週間も経てば、

ほら、当たり前の生活に慣れ、あの時の気持ちを忘れている。

今この瞬間を大切に生きるとは、言い換えてみると、

全ての事に感謝し、今ある幸せを噛みしめながら生きる事ではないかと思う。

今ある幸せに感謝し、今を精一杯生きる事を積み重ねて行く事で、

後悔の少ない、充実した豊かな人生を歩む事が出来るのかもしれません。

しかし、

人間は慣れる生き物。

当たり前の事に心から感謝し続けながら生きる事は正直、かなり難しい。

一方、

今この瞬間しか生きられない人もいる。

認知症や記憶障害のある方だ。

全ての方がそうというわけではないが、

記憶を維持する機能に障害がある為、ある意味、

今この瞬間を生きていると言えるのではないかと思う。

彼らはどうなんだろう。

病気の所為ではあるが、私達には困難な、

今を生きる事を常に積み重ねている。

彼らは幸せだろうか?

一つ問題がある。

彼らには、積み重ねて来たその日々を、

記憶に残す事がとても難しいという事。

記憶は、

自らが懸命に生きて来たと実感するための足跡の様なものだと思う。

彼らは振り返った時、

その足跡を確認する事が出来ない。

その事に気付いた時、

彼らは何を思うのだろうか。

彼らの気持ちを想った時、

私だったら彼らの様にいつも笑顔を絶やさず、

明るく生きて行く事が出来るだろうか。

私はそんな彼らの強さに惹きつけられ、

彼らの生き様に尊敬の念を持たずにはいられない。

人間は支え合い生きていく生き物だ。

彼らは、私が今を生きる事の大切さを忘れ、

慣れてしまわない様に、

いつも私の傍で身をもって示してくれる。

私は、彼らが力強く生きている、

今この一瞬一瞬の姿を、胸に刻む。

そうする事で、お互いが充実した豊かな人生になる事を信じて。

今日も、一緒に今を生きていく。

 

「大切なもの」

2月に大浦家の家族の一員になったユキさん。

彼女には手放せないものがあります。

愛用のバッグです。

どこへ行くにもバッグと一緒で、トイレに行く際も手放しません。

天気が良い日にお散歩へ行く時も、

スタッフが、

「バッグを置いて行こうか」と言ってみますが、

「大丈夫」と、

笑顔で断り、必ず持って行きます。

余程大切な物でも入っているのかな?

本人の了解を得て、バッグの中身を見せてもらいます。

ノート、鉛筆、ハンカチ、チラシ、ティッシュ、

飲み終わった薬の空袋、お菓子の空袋などなど。

金品などは入っていません。

ご家族は面会に来る度にバッグの中を確認し、

不要なものを取り出し、捨ててくれます。

認知症のある方の中には、

このように様々なものを捨てられず収集してしまう方が多いように思います。

正直に言うと、彼女が薬を飲む度、お菓子を食べる度に

空袋をバッグに入れているのは知っていました。

本来なら、その都度こちらで回収し、

捨てる様にすればご家族の手を煩わせる事は無いのかもしれません。

でも、彼女が様々な物をバッグへ入れている様子を見ていると、

私はどうしても、それらを回収する気にはなれないのです。

なぜなら、

私には彼女が記憶の欠片を集めている様に見えるから。

ユキさんは大浦家の他の家族と比べても、短期記憶がほとんど持ちません。

ついさっき行った事でも、次の瞬間には忘れてしまいます。

その事を本人はどこかで気付いていて、

たとえ忘れても後でそれを見たら思い出せるかもしれないと考え、

必死に過去の自分の痕跡を収集しているのではないでしょうか。

このバッグには、彼女の記憶の欠片が詰まっています。

だから、私達にとってはゴミでも、

彼女にとっては、何物にも代え難い大切なものなのではないでしょうか。

 

「知らぬ間に」

 「家」―生命を育み、生活する場所。

今年も春が来て、暑い夏がチラチラと顔を覗かせる。

本格的に暑くなる前にと、大浦家の草むしり兄妹が動き始めます。

兄のシマさんは、去年よりも少し体力が落ちた為か、

身体が気持ちに追い付かず、かなりゆっくりペース。

一方、妹のサエさんは、

草むしりを始めると相変わらず憑りつかれた様に一心不乱に雑草と格闘しています。

末っ子のあきひこはと言うと、

その様子を見ながら、兄妹では難しい場所の草むしりや、

箱庭から見える竹林の間引きをしていました。

私が汗だくになりながら竹を切っていると、

ある瞬間から、

「チュンチュン!チュンチュン!」と、

鳥の鳴き声が激しくなりました。

やけにうるさいなぁと思い、声のする方を確認すると、

声の主はメジロでした。

近寄ると逃げる様にどこかへ飛んで行ってしまうものの、

しばらくすると、また舞い戻って来ては、

「チュンチュン!チュンチュン!」と鳴きます。

あまりにも激しく鳴くので、

私は不思議に思い、そのメジロをよく見てみました。

すると、そのメジロは何やらクチバシに何かの幼虫をくわえている様でした。

「・・・もしかして。」

ある考えが頭をよぎり、竹林を見上げてみる。

「やっぱり!」

私の視線の先には、メジロの巣。

そしてメジロの雛。

そう、メジロは竹の先に作った巣に居る我が子を守る為に、

必死で鳴いていたのでした。

大浦家は私達十一人だけの家だと思っていましたが、

知らぬ間に、このメジロの親子にとっての家にもなっていた様です。

大浦家管理人の私としては、

入居を許可した覚えはありませんが、家族は多い方が賑やかで楽しい。

今回は特別に、このかわいい親子も大浦家の住人として認め、

一緒に生活していこうと思います。

間違った評価~それは本当に改善?~

皆さんこんばんは(●´∀`)ノ

あきひこです。

ブログを書いていたら何だか色々考えちゃって、

書きたい事が色々と頭をよぎって来たので、

昨日に引き続き、今日も投稿しちゃいます!

介護サービスを利用する場合、

必ずケアマネージャーが付き、

ご本人の状態を踏まえた上でサービスの計画(ケアプラン)を作成します。

そして、定期的にご本人の状態を確認(モニタリング)し、

評価をした上で、必要であれば計画の見直しを行います。

これは、ケアマネージャーのみならず、各介護サービス事業所も、

自らが行うサービスに対しての計画、モニタリング、評価を行っています。

通常であれば、ご本人の意向やサービスを利用した感想などを、

聞き取りしながら行うのであまり問題はないのですが、

認知症の方の場合、状態によりますが、

その全てを、周囲の意見・判断によって決める事になります。

その為、通常以上に計画・モニタリング・評価に注意が必要となります。

今回はその中の評価について書きたいと思います。

前置きが長くなりましたが、どうぞ♪

 

「その評価は本当に正しいか?」

最近は、TVで認知症についての特集が組まれる事も珍しくなくなり、

皆さんが認知症について知るようになってきました。

それでもやはり、認知症という病気の大変な部分ばかりがピックアップされ、

ただただ怖い、恐ろしい病気だから予防しよう!

という内容ばかりで本当の認知症の姿を学べるようなものは少ない事が、

悲しく、残念でなりません。

認知症が怖い病気、大変な病気と世間に思われるきっかけとなったのは、

「徘徊」による行方不明や事故が、

ニュースで取り上げられてからのような気がします。

以前の投稿でも書きましたが、改めて。

認知症の方は、「徘徊」をする事はありません。

私は介護を始めてから、

この一般的には徘徊と言われる症状のある方を何人も見てきましたが、

一人として、当てもなく歩き回る(徘徊の意)人はいませんでした。

皆、何か目的があって外にでます。

それは、自分の記憶に残っている家や職場、買い物など様々です。

最近になってやっと、

自治体によっては「徘徊」という言葉を使わない所が出てきたようで、

全国的に広がり、世の中の認知症に対する理解が

もっと深まって行く事を期待したいと思います。

(※以後、徘徊→帰宅と書きます。)

そうは言っても、このような帰宅の症状は、

たとえ原因がわかったとしても、対応方法が見つからない限り、

介護者にとってはとても負担の大きな問題であることに変わりはありません。

ここに落とし穴があります。

それは、その症状が落ち着くと、

つい、良くなった・改善したと思ってしまうのです。

今迄頑張って対応した成果が出た。と。

しかし本当にそうなのでしょうか?

例えば、帰宅の症状が無くなるのは、

①帰る場所を完全に忘れた(記憶低下)

②帰るのを諦めた(意欲低下)

③現在の住まいでの生活を受け入れた

この3つが考えられますが、

改善と呼べるものは、強いてあげれば③くらいです。

評価をする周囲の人間は、

なくなったから即、良かったではなく、

この部分を改めて注意深く観察した上で、

判断しなければいけないのではないかと思います。

そういう私も、介護を始めた頃、

帰宅の症状が強い方が「帰る」と言わなくなり、

症状が落ち着いた時に、

ほっとして、

「今までの頑張りが報われた。」

「症状が落ち着いてよかった。」

と、思った事があります。

その後、経験を積む中で、

「あれは本当にこちらの対応による改善だったのか?」

「認知症の悪化により、症状が無くなっただけではないのか?」

と疑問に思うようになりました。

どちらをとるかで全く正反対の評価となってしまう。

それを介助が楽になったから良くなったと、

利用者様の状態を良く観察もせず、

安易に、自分に都合よく判断していた事に気付き、

愕然としました。

認知症は、忘れる事で生活に支障をきたし、

覚えている事で周りに問題にされる。

忘れても、覚えていても、

どちらにしても問題にされる。

ご本人の心境は計り知れません。

記憶は、自分が自分である事を認識する為の、

唯一の手がかりです。

忘れてしまって良かったわけがありません。

認知症介護をしていると、

介護者側にとっての改善と、

本人にとっての改善を混同してしまいがちです。

よくある例をもうひとつ。

今は知りませんが、少し前に、

介護の世界で、

「おむつ外し(リハビリパンツ外し)」

が大々的に推奨されていました。

TVやネット、書籍など、何を見てもおむつ外しは利用者の為に、

とてもいい事だ!とあちこちで言われ、

施設を上げておむつ外しに取り組む所がいくつもありました。

確かに、おむつが外れる事は良い事ですが、

利用者本人の気持ちを置き去りにして、

おむつを外す事ばかりにとらわれている所も多く、

「うちの施設はおむつ外しの実績がこれだけある」

と鼻高々に自慢している所もありました。

しかし、高齢者の方の中には、

おむつ(リハビリパンツや尿取りパッド)を使用する事で、

安心して日々の活動を送る事が出来るという方もいます。

その様な方が、おむつはしない方がいいと言われ、

いつも失禁の心配ばかりする様になり、

頻繁にトイレに行くようになり、安心して活動できない。

これは、本人にとって本当に良い事なのでしょうか?

改善と言えるものなのでしょうか?

おむつを外して、それで改善したというのは、

介護者側の都合の良い判断なのではないでしょうか?

本来、この「心配・不安」を取り除き、

おむつを外した上で、安心して活動できる所までが、

「おむつ外し」でなくてはいけないと思うのです。

この様に、一見良くなったと思える事でも、

安易に判断すると、本人を追い詰めてしまう可能性がある事を、

周囲の人間は理解し、注意しておかなければなりません。

「あなたのその評価は本当に正しいですか?」

昔考えたクイズ~その後の対応編~

皆さんこんばんは(●´∀`)ノ

あきひこです。

昨日のクイズの解答編に引き続き、

本日は、その後の対応方法についてお話ししたいと思います。

ただ、細かい部分までお話しすると

長くなりすぎて訳が分からなくなると思いますので、

出来るだけ簡潔に、わかりやすくご説明したいと思います。

では、はじまりはじまり~♪

 

「その後の対応」

利用者様の反応によってその都度、

対応は変わってきますが、

一番オーソドックスな対応の流れとしては、

①良い第一印象

②信頼関係をつくる

③楽しい会話

④妥協案提示

⑤施設に戻る

以上の流れになります。

全ての流れの中で注意しなければいけない事は、

良く観察し、その方の精神状態の変化をしっかりつかんだ上で、

その方が一番ストレスを残さずに、

自然に戻って頂けるような誘導を心掛ける事です。

では、流れに沿って説明しましょう。

クイズの解答通り、

ご利用者様の

「家に帰らないといけないので、失礼します。」

との声掛けに対し、

④の

「そうですか。気を付けて帰って下さいね。」

と答えた場合、

ご利用者様はそのまま外に出て行ってしまいます。

こちらは後について外まで出て、笑顔でお見送りします。

すると、利用者様は外に出たものの、

その場所の土地勘がないためどっちに行けば帰れるのかわかりません。

そこで、帰る手伝いを買って出ます。

住所を聞いて方角を教えたり、

必要であれば近所の方に道を尋ねたりして、

まず自分が怪しい人ではなく、

親切な人、信頼できる人間だと感じてもらいます。

これがうまくいかないと、

こちらが何を言っても聞く耳を持ってもらえません。

次に、利用者様の精神状態を見ながら、

心配から徐々に楽しい話へシフトしていきます。

(※普段から、どの様な会話をすると楽しめるのかを探っておくと、

この様な時によりスムーズに対応できます。)

ほどんどのケースでは、楽しい会話を続けているうちに、

「帰ろう」と思った事を忘れているので、

ある程度歩いて不安感が落ち着いた所で休憩を提案し、

施設へ戻って来ます。

そうでない場合は、ある程度歩き疲れた所で、

妥協案を提示します。

例えば、

「まだお家までかなりかかりそうですけど、大丈夫ですか?」

「あっ!そういえば以前〇〇さんのご家族にご挨拶した時に、

連絡先を聞いていました!もし良かったら、

電話して迎えに来てもらえないか聞いてみましょうか?」

こんな感じです。

始めにこれを言うと不審に思われる可能性がありますが、

信頼関係が出来、楽しい会話をした後になると、

疲れもある為か、驚くほどすんなりと聞き入れてもらえます。

その後、施設へ戻ります。

認知症であっても、

強い感情や想いは継続する傾向にありますが、

それがある程度解消され、安心感を持つと、

本来の状態に戻りますので、

後はその方の記憶保持能力に応じて、

楽しい会話を続ける事で、

ストレスをあまり感じずに、

施設での生活に戻る事が出来ます。

以上が、その後の対応方法となります。

現在の高齢者施設では、

このような帰宅をしようとされる方がいる場合、

(※一般的には徘徊と呼ばれますが、呼称が嫌いなのでここでは帰宅と書かせて頂きます。)

施設の玄関に施錠をして、

外に出られない様にしている所が多いのが現状です。

しかし、施錠する事では解決するどころか、

閉じ込められる事でより「帰りたい」という想いを

強くしてしまい、いつまでたっても落ち着かないと思います。

落ち着いたとしたら、それは絶望した時なのではないでしょうか。

私はこのような方を数人見させて頂いた経験がありますが、

大変であっても毎回今回の様に対応して行く事で、

ほとんどの方が落ち着きました。

いつでも好きな時に外に出れる。

そして、ある程度満足した状態で施設にもどる。

(ストレスを残さない。)

それが、大切な事なのではないかと思います。

 

昔考えたクイズ~解答編~

皆さんこんばんは(●´∀`)ノ

あきひこです。

お待たせしました。

「昔考えたクイズ」の解答編です。

 

「解答!」

皆さんは、先日のクイズに下記の解答の中から何番を選んだでしょうか?

①今日はもう遅いから、明日にしたらどうですか?

②もうすぐご家族が迎えに来ますので、もう少し待ちましょう。

③ご飯を用意してますので、せっかくですから食べて言って下さい。

④そうですか。気を付けて帰って下さいね。

実はこれ、

どれを選んでも正解です。

「なんじゃそりゃ!」

と、思われるかもしれませんが、

相手は人間。

間違いなんてありません。

どれを選んでもうまくいくかもしれないし、

うまくいかないかもしれません。

ただし、私の中では、

④が一番の正解です。

一番とは、一番うまくいく可能性が高い解答という事です。

④を選んだ方は認知症介護に向いているかも(*´▽`*)

では、なぜ④なのか。

それを理解して頂く為に、

今から皆さんを少しだけ、

認知症の方の世界へご案内したいと思います。

では、今から私の言う事を想像してみて下さい。

・・・想像してください。

あなたは、ふと気が付くと見た事もない場所に居ます。

あなたの周りには知らない人が沢山います。

「ここはどこなんだろう?」

「どういう経緯でここに居るんだっけ?」

「うーん。思い出せない。」

「よくわからないが、とりあえず何とかして家に帰らなければ・・・。」

そう思ったあなたは、

たまたま自分の横を通りかかった女性に声を掛けます。

「家に帰らないといけないので、失礼します。」

はい。ここまで。

想像出来ましたか?

さて、この時のあなたの混乱や不安な気持ちを踏まえ、

改めて考えてみて下さい。

最後に声を掛けた女性に、

次の様に声を掛けられたら、あなたならどうしますか?

①今日はもう遅いから、明日にしたらどうですか?

②もうすぐご家族が迎えに来ますので、もう少し待ちましょう。

③ご飯を用意してますので、せっかくですから食べて言って下さい。

どこだかわからない場所で、

名前も知らない人にこの様に言われて、

あなたは素直に応じるでしょうか?

私なら知らない人にこんな事を突然言われたら、

何か怖い、怪しい、と思ってしまいます。

では、これはどうでしょう?

④そうですか。気を付けて帰って下さいね。

どうですか?

不信感も何も抱かないのではないでしょうか?

そう、それこそ④が一番の正解の理由です。

もし、①②③の解答で不信感を抱いてしまったら、

その後、その怪しい人に何を言われようが、

聞く耳を持ちませんよね。

この第一声で不信感を持たれないようにする事は、

その後の対応に大きく響いてくるので、

とても重要だと私は思っています。

この様に、その方の視点から考えてみると、

④が正解の理由に皆さんご納得頂けたのではないでしょうか。

認知症は記憶の障害を伴う病気だという事は、

皆さんもご存知だと思います。

知っているのにうまく対応できないのは、

知識として知っているのと、

自らの知恵(その知識を自分の身に染み込ませ、行動できる事)に出来ているのとでは、

普段の行動、言動にあきらかな差があるからだと思います。

という事で、以上解答編でした。(*´▽`*)

 

「いやいや!④が正解なのは理解できたけど、

でも実際④て言ったら本当に帰っちゃうじゃん!」

と、心の中でツッコミを入れたあなた!

ご安心ください。

明日、「昔考えたクイズ~その後の対応編~」をアップ致します。

それを読んで頂ければ、その後の対応方法についてもご理解頂けると思いますので、

ご興味のある方は、是非そちらもご覧ください♪