大浦家日記~H30.10月号~

皆さんこんばんは(●´∀`)ノ

あきひこです。

セーフ!!

大浦家日記10月号なんとかギリギリセーフで間に合いましたぁ(*´▽`*)

今月は大浦家初の旅行やら上津役家オープンやら、

なんやらかんやらでめっちゃバタバタしてました。

いっそのこと今月はお休みしようか・・・という悪魔のささやきもありましたが、

あきひこは負けませんでした(; ・`д・´)

また、ありがたい事ではありますが、

人生で初めてケータイ電話を投げ捨てたいと思いました。

(ひっきりなしに鳴る為、集中力の無い私は他の業務に手が付けられませんでした。)

おかげ様で、2年前の大浦の時とは段違いの早さで上津役家の家族が決まっております。

事前募集なし・予約申込不可、今月の大浦家の温泉旅行後にやっと内覧開始(しかもまだ一部改修中の段階で)

にも関わらず、現時点ですでに定員15人の内半分が埋まってしまいました。

予想外の入居スピードに、スタッフの採用が間に合っていないほどです(;´∀`)

上津役家で働いてみたい方は是非!

あきひこまでご連絡下さいね♪

ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、

本当にありがたいことです。

これも一重に、大浦家を応援して下さった皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

いやぁ、それにしても温泉旅行たのしかったー♪

先月PC壊れたので旅行中にFacebookで投稿しましたが、

予想外の反響にびっくりΣ(・ω・ノ)ノ!

皆さん旅行のお話を期待しているかもしれませんが、

旅行の話は残念ながら、来月号での掲載になります。

バタバタの中ではありますが、今月号も一生懸命書いたので、

残念がらずに読んで頂ければ嬉しいです。

 

「 定番 」

8月に大浦家の家族になったヨネさん。

先月はヨネさんが大浦家に来てから、

ヨネさんや夫のシマさんの変化について書ききれなかったので、書きたいと思います。

ヨネさん自身の変化については、実は、わかりません。

と言うのも、大浦家に来る前の施設でどのような感じだったのかがあまりわからないからです。

ヨネさんはいつも静かに車イスに座り、自分から何か話しかけて来る事はありません。

しかし、こちらから声を掛け、お話ししてみると、とてもユーモアのある面白い人です。

既に私とヨネさんの定番のやりとりがあります。

それば、何かのお手伝いをした際、

ヨネさんがまず、

『ありがとう。』と、言います。

続けて私が、

「ヨネさんのた~めな~ら♪」と、

唄い口調で言います。

すると、ヨネさんもそれに合わせて、

『え~んやこ~らさ♪』と、続けます。

そして、2人で笑い合うというのがお決まりになりました。

これから、もっとヨネさんのユーモアを引き出して、

たくさんの楽しいやり取りや定番を作って行きたいと思っています。

 

「 あべこべ 」

 ヨネさんが来てシマさんにも変化が出てきました。

シマさんはヨネさんの事を自分の祖母だと思っている様で、

ヨネさんが来た時から、

『うちの婆さんをどうぞ宜しくお願い致します。』と、

私や職員に頭を下げます。

また、ヨネさんが来てから、活力が湧いて来たのか、

乏しくなって来ていた表情も以前の明るさを取り戻してきています。

シマさんの事を夫だと認識していないヨネさんは、事あるごとに、

『ばあさん!これがうちの大将じゃ、ほれ、挨拶せんか!』

などとシマさんに言われ、

何だこの爺さんは。

という様な怪訝な表情でシマさんを見ます。

最近はヨネさんも思い出したわけではなさそうですが、

ここまで絡まれるので、シマさんの事を家族なんだと再認識している節が見られます。

なんだかあべこべな感じですが、

シマさんの元気の取り戻し様を目の当たりにして、

改めて、

家族の絆って強いものなんだなぁと感じさせられました。

 

「 思い込み 」

ヨネさんが大浦家に来て、

人をみる事の難しさや、思い込みの恐ろしさを改めて感じる事があります。

介護の業界は異業種が連携して人をみるのが常です。

家族、医師、看護師、薬剤師、

ヘルパー、デイサービス、福祉用具、ケアマネージャーなど。

それぞれが情報を提供、共有し、目標を定め、

ケアマネージャーがケアプランにまとめ、

それを基に、各々が定めた目標に向かって一体的にサービスを行っていきます。

その為、情報共有がとても重要視されています。

しかし、この情報共有には、大きな落とし穴がある事に注意しなければなりません。

落とし穴とは、提供された情報を正しいと思い込む事です。

具体的にお話しすると、ヨネさんの場合、介護施設から大浦家へやって来る際、

事前にヨネさんの病歴や服用している薬、現在の身体状況など、介護施設から情報提供がありました。

事前情報には身体状況として、

「車イスで全介助、歩行は出来ない」との事でした。

しかし、入居前にご本人と面談させて頂いた時、

確かに歩く事は出来なかったのですが、

色々と動きを確認する中で私は、

ヨネさんの足の力が歩行するのに十分なだけの力があると感じ、

本人のやる気さえ引き出せれば、ヨネさんは歩けるようになると思いました。

ヨネさんが大浦家に入居して、

私はスタッフに、ヨネさんは本人がやる気になれば歩けるから、

声掛けを意識しながら歩行練習をするようにと指示しました。

始めはスタッフも信じていないようでした。

車イスからベッドへ移すだけでもひと苦労なのに、

歩けるはずがないと思っていたのではないかと思います。

私は、別のスタッフにも再度同様に指示しました。

そして、そのスタッフがチャレンジ。

すると、なんと1回目の歩行練習から大浦家の廊下(片道10m程)を1往復する事が出来たのです。

しかも帰りはスタッフが右側だけ支え、左側は自ら手すりに掴まりながらの歩行でした。

つまり、ヨネさんには自分の身体を支えながら歩くだけの筋力や能力がまだ残っていたという事です。

結局何が言いたいかというと、

元の情報提供を正しいと思い込んでしまうと、

本当は出来る人が出来ない人になってしまい、

その人の事を支える側の私達がその人の能力を奪ってしまう危険性があるという事です。

介護を受ける高齢者がそうであるように、介護をする私達も十人十色。

観察力や判断力、推察力も様々です。

だからこそ間違いも起きる。

支える側の私達は常にその事を意識し、情報は情報として参考程度にした上で、

自分の目で、耳で、身体で確かめた事だけを事実として判断していかなければならないと思います。

現在、ヨネさんの課題は、歩けない事ではありません。

椅子から立ち上がる際の背中(腰)の痛みと立ち上がりに対する恐怖心の克服です。

彼女は今、歩行練習と合わせて立ち上がりの練習を頑張っています。

克服すれば彼女の出来る事や、行動範囲がとても広がります。

私は、克服すると信じています。

だから、彼女のこれからがとても楽しみでなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です