あき思考~お天道様~

皆さんこんばんは(●´∀`)ノ

あきひこです。

久々の連日投稿♪

そして、久々のあき思考のコーナー♪

今回もふと感じた何気ない事をただただ書き綴ります。

 

「お天道様」

海外と違い、日本には神様が沢山います。

八百万の神々というくらいだからとんでもないくらい。

これは神道に根差した考えだと思いますが、

海外の多神教とも違うのはその存在が目に見えない事。

仏像などの様に名前もなく、具現化していない神様が沢山いるという事でしょうか。

たとえば、

「コメの一粒にも神が宿る」なんて言葉もありますが、

その神様の名前も姿も知りませんよね。

思うに、昔の人々はこのように沢山神様が居て、

常に自分の行いを見られていると思う事によって、

自らの行いを律し、清く正しく生きようとしたのかなぁ。

なんて思います。

その代表格が「お天道様」

私は信仰心などは全くなく無宗教ですが、

日本人の特性なんでしょうか?

お天道様はいつも見ていてくれるから、

頑張っている人、正しく生きている人はいつかきっと報われる。

だから人が見ていなくても、悪い事はしちゃいけない。

そんな意識が小さな頃からあったように思います。

今も無くはないのですが、

私も36歳とおっさんになり、色々な現実を知り、

少し考え方が変わってきました。

いつもお天道様は私の行いを見ている。

私が頑張っている時も、そうでない時も。

ただ、私が正しい行いをしていたとしても、

お天道様が手を差し伸べてくれるなんて事は無く、

良い事も悪い事も、ただただ暖かく見守るだけ。

それが現実。

でも、ひとつ言える事がある。

お天道様は手を貸してくれる事は無いが、

人は手を貸してくれるという事。

清く正しく生き、頑張っている人には、

お天道様が手を差し伸べるまでもなく、

周囲の人々が手を差し伸べてくれる。

そう、今は考えています。

自分が清く正しく生きているとは思ってはいませんが、

少しでも、そうあろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です